SHS外張り断熱工法

東北ホームで採用しているSHS(スタイロハウスシステム)は、
アメリカのダウ・ケミカル社の技術開発により生まれ、
1962年の生産開始以来、優れた断熱性能で、
半世紀にわたり日本の熱環境をリードしている
スタイロエース-Ⅱを使用した高性能断熱工法です。
日本だけで10,000棟以上の完工実績はその信頼を証明します。
冬の寒さや夏の暑さ、湿気から家全体を守るため外側から断熱材で覆う工法です。

sotodan1

SHS外張断熱工法 イメージ図

SHS外張断熱工法の特徴は、

・構造体を包み込むため断熱性・気密性が高く光熱費を大幅に削減できる
・冬場は家全体が暖かく、夏場は家全体が涼しい
・家全体の温度差が少ないため、ヒートショック現象を抑制できる
・開放的な間取りにできる
・結露がおきにくい
・柱などの構造体が保護されるので痛みにくい
・職人が扱いやすいため安定して高性能を確保できる

などのたくさんの優れた特徴があり、
家全体を年中快適に保ちやすい工法です。

ondosa

家全体の温度差イメージ図

高い断熱性能

一般的な壁内断熱工法では、壁内の柱部などから外気熱が伝わり、断熱効果が薄れます。
SHS外断熱工法は、壁や柱、小屋裏、床下など全ての熱の伝道経路(熱橋)を
外側からすっぽり断熱材で覆うので、高い断熱効果が発揮され、内部結露の心配が無く、
柱・梁・耐力壁などの構造材も保護され、住まいの長寿命化に大きく貢献します。

sotodan_4

外断熱と内断熱の熱伝達比較図

内部結露を完全に防止

SHS外張り断熱工法では、
湿度の変化が主に構造材の外側で起こります。
したがって万一、室内の暖かく湿った空気が外気側に漏れた場合でも、
壁内で結露が起きる可能性は、極めて小さくなります。
そのため、基本的に内部結露の心配が極めて少ない断熱工法です。
更に、外張り断熱工法は気密・防湿層の施工が非常に容易で
現場での施工ミスが極めて少なく安定して高性能を確保できます。

construction_img3

SHS外張断熱工法 壁断面イメージ図

改正省エネ基準とSHS工法

SHS外断熱工法は、2020年から義務化される省エネルギー基準も充分に満たすことができます。
また、2020年の「省エネルギー基準」の義務化後、
2030年までには住宅で使用するエネルギーを太陽光発電や燃料電池などで、
自宅で使用するエネルギーを造り出す住宅が求められています。
それをネット・ゼロ・エネルギー住宅(NZE)と言います。
SHS外断熱工法は、すでにその性能を充分に造り出すことが可能な住宅工法です。

syouene1

ダブル断熱+トリプルサッシ

近年は、2020年から義務化される高水準の省エネルギー基準を見据えて、
外断熱+充填断熱によるダブル断熱と高性能トリプルサッシの併用で、
家全体でさらに高い断熱・気密性能を確保し、省エネルギー性能をワンランクアップさせ、
さらなる冷暖房エネルギーの削減を希望するお客様が増えております。

fukituke

さらに詳しくご覧になりたい方はこちらへ

東北SHS会
http://www.t-shs.jp/about.html

デュポン・スタイロ
https://www.dupontstyro.co.jp/styrofoam/method/sotobari.html

エクセルシャノン
http://www.excelshanon.co.jp/reason/performance.html